デスク周りの収納術

デスク周りというのは、いわば作業場です。効率よく仕事をするためにはある程度のスペースが必要ですし、次から次へとやってくる書類をストックしておく場所もほしいですよね。では、片付けの三原則に沿って快適な作業場つくりをして見ましょう。

ステップ1:捨てる

デスクの上にスペースを確保するため、そして自分のデスクがどのくらいの大きさなのか把握するため、可能ならば一度全てのものをデスクから下ろしてしまいましょう。そうすると、思っていたよりもデスクって広いことが分かりますよね。それはつまりあなたの机にいかに余計なものが多いかを物語っているわけです。では、いよいよ捨てる段に入りましょう。といっても、会社のデスクですから、全部仕事に必要なものだよ!という方もいるかもしれません。参考書だったり、文房具だったり、メモ帳だったり。ですがそれらは本当にデスク上になければいけないものでしょうか?デスクの上に必要なのは、快適な作業をするためのスペースです。参考書も文房具も引き出しにしまっても何の問題もないはず。ですからとりあえず今の段階では、机の上には必要なものだけおくようにしましょう。この時ひつような物とは、まずパソコンです。これがないと仕事になりません。次に電話です。これも仕事に欠かせないものですね。そしてメモ帳です。よく書類の片隅や手の甲など、ところ構わずメモを書く人がいますが、これはNGです。必要なメモを必要なときに探せるように、デスク上にはメモ帳を一冊置いておくことをオススメします。この三つを置いただけだと、とってもシンプルでデスクも広く感じますね。これが「捨てる」ことの意味です。

ステップ2:分ける

いま、デスクの上には必要最低限のものしか置かれていません。でも他にもあると便利なもの、置いておきたいものが沢山あるはず。ではまず、デスクの上のスペースを三つに分けましょう。ひとつ目は、現在進行中の作業をするスペース。事実上の作業場です。広めに確保しましょう。二つ目は、次に取り掛かる予定の書類エリアです。クリアファイルなどに入れておいて置くとわかりやすいですね。最後は、今日処理する予定の書類スペースです。ここにある書類は、退社時にはきれいになくなっているのが目標です。トレイなどを準備するといいかもしれません。このように、一日の仕事を三つに分けることで、書類が散乱するのを防ぐことができます。また、次の作業を決めておくことで効率よく仕事を進めることが出来ますね。上司から頼まれた書類なども「今日やる」トレイに入れておけば、処理し忘れることもありません。

ステップ3:しまう

デスク上のスペースを三つに分けたら、それらを邪魔しない場所に、必要なものを配置していきましょう。デスク周りのスペースは限られています。上手に配置するコツは「吊るす」です。まず、あると便利な箱ティッシュは、足元にマグネット付きのフックで吊るします。これだとデスク上のスペースをとらないのでいいですよね。仕事中には喉が渇くものです。このように、吊るせるものは足元のデッドスペースを利用して吊るしておきましょう。足元と言えば、コード類が非常に邪魔ですよね。そういう場合は、バインダークリップや、結束バンドが便利です。どちらも100円均一で買うことが出来ます。これらの道具を使って一つにまとめるだけでも非常にすっきりしますが、まとめたコードはそのまま床に置くのではなく、デスクの裏面にマグネットで吊るしましょう。こうすれば足を伸ばして作業してもコードが絡まることがありません。また、普段使わない充電器などのケーブル類も、足元にそれぞれまとめて吊るしておくと探す手間が省けて便利です。このように、足元のスペースを有効活用して、デスクの上には極力物を置かないよう心がけましょう。これさえ出来ればデスク周りはいつも美しく保てるはずです。

ポイント

デスクの上はスペースが限られていて、必要なものも多いので散らかりがちです。ですが、普段から何も置かないことを意識していれば散らかることもありません。朝会社にきたらまず、今日作業する書類を出し、退社時にはそれらは全て処理して、机の上にはパソコンと電話だという状態になるのが理想です。それ以外のものはきちんと「しまう」こと。足元のスペースは忘れられがちですが、上手に使えばとても便利なスペースです。だからといって何でもかんでも足元においていてはダメですよ。よくデスクの下に紙袋やダンボールを詰め込んでいる人がいますが、それはNG。基本的にゴミ箱以外は床に置かないことが大切です。一度床に置いたものは、後で片付けようと思っていてもいつの間にかそこが定位置になってしまうもの。「後で」はやめて今捨てましょう。